犬を飼うのを嫌がっていた弟が

スポンサードリンク

うちには弟が一人いる。

彼は元は猫好きだった。でも彼が以前飼ったことがあるのはザリガニとリスくらい。
もっぱら外猫を可愛がり、ランニング中に出会う猫たちとのふれあい(休んでいる!)について家に戻ってくるとよく話していた。

それなので、ペキニーズを飼うと決まった時は猛反対し「猫がいいよ、猫にしようよ。」とずっと言っていた。

時間がたって少し譲歩しだしても「柴にしようよ、柴が可愛いよ。」と言って聞かなかった。

近所にペキニーズを飼っている家がないのでイメージ出来ないらしく、ペキニーズの画像をネットかどこかで見て、「パグのような鼻ペチャでしわのある顔に毛がかぶさっている!?」と、不思議な姿にびっくりして「小型犬だったら、豆柴の方がいいよ。」と、うちで一人で反発していた。

そう言っているうちに長期の出張に出て行ったので、弟はパオパオにまだ会っていなかった。

弟が出張から帰ってきた。家の人が「犬いるよ~。」と声をかけると「ペキニーズ?」と聞くので「そうだよ~♡」とったら、ちょっとテンション低めに部屋に入ってきた。

「あそこのケージの中にいるよ。」と言ったら、そっちへ行ってケージを覗いた。

 

「え??」「これ、ペキニーズ?」ちょっと意外、という表情をした。

それから弟がケージに沿って歩くと、パオパオもパタパタっと跳ねるように弟について行った。「えっ!?ついて来るよ!」弟がまたちょっと移動すると、パオパオも一緒について来る。

弟のテンションがかなり上がったようだった。

夜遅く、就寝しようとしていたら、弟が私の部屋に入ってきて、「ペキニーズって可愛いな~。」と言った。「そうでしょー?これからずっとうちにいるよ。」と言うと、弟はちょっとうきうきした様子で自分の部屋に戻っていった。

そして部屋の中から、 「うちに天使がやって来た!」 と独り言を言ったのが聞こえた。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

お読み下さってありがとうございました。

スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP