火鉢の上でお昼寝

スポンサードリンク

至る所でごろんと寝ているパオパオですが、少し高い所も気に入ったようでソファーや床の間で寝ています。

最近は、長崎の出島感覚でソファーからちょっと先の火鉢の上でくつろぐようになりました。

なぜそこがいいのか分かりませんが、良い所を見つけたようです。 人間の子供でも二段ベッドは上段が人気だから、床より高いところがいいのでしょうか?

ソファーに上ってくつろいでからのそのそと火鉢に移り、とぐろを巻くようにして横たわります。

「狭いけど、この場所が気に入ってるんだ。」

上手に横になっています。 おもむろに寝返りを打つのでいつか落っこちそうでちょっと心配です。

結構そこで眠ってから起き上がり、ソファーに戻ります。

パオパオが退いたので、そのあと家の人が、火鉢にかぶせているプラスチックの丸い板を一番上に持ってきて置いて、上からカバーをかけて綺麗にしておきました。

しかし、それでもお構いなしに、また火鉢に乗っかってくつろぎます。

「ここ気に入っているんだ。」

この、狭いぎりぎりの高台が、気に入っているようです。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
お読み下さってありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP