ブル足で遊ぶパオパオ

スポンサードリンク

「ブル足」というおもちゃが小型犬のカジカジ用にいいよ、と教えてもらったことがあって早速購入してパオパオに見せてみました。

パオパオはすぐに興味を持ってかぶりつき、ハムハムやり出しました。
一口サイズといった感じで、飲み込んでしまうのではないかというほど口に入れてハムハムやっています。熱中しているので、(いいおもちゃが見つかった、お気に入りのおもちゃに加えておこう。)と思いました。

ある時、そのブル足をハムハムしていて、ボロッと口から落とした時がありました。スポンッとはじけて落ちた瞬間、パオパオはすかさずバシッと手で押さえてまた食いつきました。

一種のギャグみたいでおかしかったです。
でも、ちょっと犬っぽくない、と思いました。

スポンッと口からはじけるたびにバシッと手で押さえる様子を見て、(これで、何か遊びにつなげられないかな~?)と思いました。

それで、ビニールのひもと極細ののれん棒を持ってきて、ブル足をビニールのひもでくくってのれん棒の先に結んで釣竿のような物を作りました。

これをパオパオに見せて、揺らして煽ってみたら、「!!!」と反応しました。

移動したら追いかけだしてかぶりつこうとします。
以前運動会で流行った「パン食い競争」のあの様子にそっくりです。

~目を見開いてブル足にかぶりつこうとしています~

ジャンプしてがぶっと食らいつこうとするところを交わしてブンブン紐を大きく回すと、そっちの方へバタバタ走りこっちの方へ走ります。ジャンプしてガブッと仕留めようとします。外しても外しても食らいつこうとします。

次はブル足を床において、ネコじゃらしのように揺らしてから引くと、グルグルグル~!と盛り上がって飛びかかります。
じゃらして引く、じゃらして引く、を何回かやっていると、部屋に入ってきてた弟がパオパオの様子を見て、「これ猫だよ~」「猫の動きだよ~」と驚いていました。

そして、ガブッと食らいついたかと思うと口に入れてしまいました!

危な~い!

「こら、出しなさ~い!」と紐を引っ張るけど、頑としてくわえて放しません。すっぽり入ってしまっているので口を開けさせないと取れません(>_<)

~ブル足をすっぽり口の中に入れてしまい、放しません。紐が口から出ています~

落ち着いたところでやっと口を開けて取り出しました。

この遊び、パオパオにとって、とっても楽しいらしいです。
かじったり猫じゃらし的パン食い競争、と遊び倒しました。

 

「絶対に放さないから!」

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP