六か月までに揃えたワンコのおもちゃ

スポンサードリンク

パオパオがやって来てから半年の間、よく遊んでいたおもちゃがあります。

これらは本当に重宝しました。
集中して遊んだり、甘噛み防止、家の人と触れ合ったり等、発育にとても欠かせませんでした。自分の家のワンコが遊んでる姿は、ほんとに可愛いものですね .。.:*☆

それなので、その時分特によく遊んでいたものをまとめて挙げてみたいと思います。

1.ぬいぐるみ人形

これは、パオパオが犬舎から来る時にブリーダーさんが持たせてくれたもので、パオパオのお母さんの匂いがついているものです。来たときはこれに顎を載せて寝たり、噛んで獅子舞の獅子の首の振りの様に振ったりして遊んだりしていました。

また、口にくわえて移動したりケージの中ではよく自分の傍に置いていました。
その後は、以前の記事に書いたように、パオパオの運動を助ける「カンフーマスター」に用途が変わりました。

2.ボール

少し柔らかめのプラスチックのボールで、パタパタ駆けて行ってカジカジしたり、人間がボールを転がしてパオパオをそっちの方向へ行かせて運動させたりしました。

3.ロープ、輪っか、靴のおもちゃ

・ロープ
本人もくわえて振り回していましたが、主に人間と引っ張り合いっこの時に使いました。
・輪っか
少し硬いゴムでできているおもちゃで、主にケージの中でのカジカジ用にしていました。
・靴のおもちゃ
布とフエルト生地でできていて、中は綿で詰めたものです。カジカジ用です。だんだん歯が生えてきたら、靴ひものところを重点的に噛んでいました。
4.コング

ゴムでできていて、フードやおやつ、専用のペーストを真ん中の穴に入れて転がし、それを取ろうとする知育おもちゃです。

形がヒョウタンのようで、転がすと変則的な転がり方をします。

夢中で中からフードを取ろうとする姿は可愛かったですし、人間の子供のおもちゃのように、根気をつけるのにもかじかじ用にも良かったです。
5.豚ちゃんの人形

ちょっと硬めのビニールでできていて、ケージの外で使いました。
犬のおもちゃではなく、雑貨店で購入しました。
ちょっとはかじるけど、後は側で寝てました。主に人間がワンコの側に置いて一緒に並んでいる様子を眺めるといった観賞用でした(パオちゃんごめんね~)。
6.獅子の置物

石のような硬い素材でした。
犬のおもちゃではなく雑貨コーナーで買った置き物でした。
これが一番のヒットでした!

パオパオの最高のお気に入りで、朝起きてご飯を食べ終えるとおもむろに移動して台の上からこれをくわえ取って、好きな所へ持って行ってカジカジしていました。

ずーーっとやっていました。
何十分もやっているので隙を見て取り上げたりしたこともあるくらいでした。
7.サンダルのおもちゃ

硬い紙のような素材でした。かじかじ用です。
本物のサンダルは大きすぎるので、縮小版の様で可愛かったです。
これもよく遊んでました。
これらのおもちゃにはお世話になりました。
パオパオの遊び方は、転がるボールを追いかけるタイプではなく、伏せておもちゃをかじかじして遊ぶタイプでした。
これらの中で一番良かったものは獅子のおもちゃですが、これは今探してもあまり置いている所を見かけないのと犬のおもちゃではないので、 パオパオ6ヵ月までのbest of おもちゃは、「コング」でした!

 

おもちゃからワンコの遊びの傾向を知ることで、ワンコも人も楽しい時間を過ごせたら最高ですね!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

お読み下さってありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP