お散歩デビュー

スポンサードリンク

パオパオのお散歩デビューの日がやってきました。

この日の為に首輪とリード、水筒、おトイレ用の紙等一式揃えましたが、この日は自宅から数十メートルの児童公園までちょっと行って戻って来るくらいなので、首輪とリードだけにして出かけました。

しかし、家の門を出ると、行きたくないと嫌がって嫌がって大変でした。
「お外出たくない、怖いよ、行きたくないよ~。」

「大丈夫だよ~、ちょっと歩こうよ。」とあやしてリードを引っ張ると座り込んでしまいました。

引っ張ると首が閉まりそうで可哀想なので、みんなで中屈みになって、「はい、よいしょっ、歩こう。」と歩くと、ちょっと気持ち前に出るような感じで、少し動きました。

ちょろっちょろっと歩いては止まり、うちから3件先くらいで動かなくなってしまいました。

仕方がないので、公園まで抱っこして移動しました。

~早くも憔悴し、目が虚ろです~
「・・・・・・・・・・・・・。」

公園の入り口でパオパオを下ろし、はい歩こうと促しました。

リードをごく軽く引っ張ってみんなで歩くとパオパオもちょこちょこ歩くものの、すぐに止まってしまいました。

そして人間がうなだれるような格好で座り込んでしまい、完全にやる気を喪失してしまいました。

「僕、お散歩の才能ないかも…。」

仕方がないので抱っこしてベンチのあるところまで移動して、小休止。

落ち込んでいるパオパオに叔母さんは優しく励まします。

「大丈夫だよ、パオちゃん、頑張ろう。パオちゃんなら出来るよ。」

しばらく撫でて言い聞かせて少し休んでから家へ戻ります。 超がつくほどの蟻の歩みのようにのろのろ歩いて公園を出ました。

そして、公園を出た後、家が見えたからか分かりませんが、少し自発的に歩き出しました。

「!v(o゚∇゚o)v!」パオパオが歩き出した!

「その調子だよ、パオパオ。」

励まされて気分が乗って来たのか、ぴょんぴょんっと小走りしました。

「頑張れ頑張れパオパオ!お家はすぐそこだよ。」

家に到着。 お父さんにやや促されながら、パオパオは下を向きながらゆっくり門を通りました。

「はい、入って入って。」

パオパオの初のお散歩は、こうして終わりました。

しばらくはこんな感じのお散歩かなぁ。 頑張ったね、パオパオ君!

 

 

「僕、初のお散歩頑張れたかなぁ・・・?」

ブログランキング・にほんブログ村へ

お読み下さってありがとうございました。

スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

自由散歩☆のパオパオ君
目を閉じていても、リンゴの存在が分かる(?)パオパオ君☆
お父さんの足下で眠るパオパオ君
妖犬アンテナ📡!?誰が来るわけでもないのに笑ってる💧
食べ物のある方向を見つめるワンコ、パオパオ君☆
パオパオのお気に入りの場所
お水を飲む順番を譲るペキニーズ☆パオパオ君
お父さんの膝の上で甘えん坊のペキニーズ
居心地いいな~♪(*^∇^*)の伏せ
クッションの上でお昼寝ペキニーズ
お父さんからごはんをもらうパオパオ君☆
お水を飲んでからツッコミを入れるペキニーズ☆パオパオ
生きてるぬいぐるみ君から舌が出た!
座布団の上でしょぼ~んのパオパオ君☆
窓から「行っちゃうの~…」としゅんとなってこっちを見るパオパオ君

Menu

HOME

TOP