お座りからのお手のレッスン1

スポンサードリンク

行動範囲を広げて、居間を自由に歩けるようになったパオパオ。

その様子を可愛いな~と眺めていたある日、弟がパオパオを、「この犬躾けてないじゃん、お座りもお手もしないよ。」と言われました。

そうだ!パオパオがケージを出たい時に座っていたのは、出入り口で開くのを待って自分から座っていただけで、人が言って座ったことってなかった!とやっと気が付きました。

それからお座りのレッスンが始まりました。

ただ「お座りっ。」と言っても分からないから、腕を上げて挙手の態勢からパオパオの頭の下までおろして「お座り~。」と言ってみたけど、何のリアクションもありません。

それなので、次はフードを持ってきました。そしてフードを見せてから高く上げて注目させてから「お座り~。」といって腕を下げたらジャンプして取ろうとしたので、とっさに腕を上に挙げた。

「そっちの訓練じゃないよ~。」 そしてまた腕を下げると同じようにジャンプしそうになったので、あわてて上げて戻しました。なかなか難しいです。

何回か繰り返しやって、腕を下げてフードを頭のやや後ろに持って行ったら、なんとなく見上げて半座りっぽくなったので、手でお尻を押して座らせた。同じこと数回やったら、自ら半座りっぽくなった。

「!!今のお座りっぽい!」

~(上から撮ったので分かりづらいですが)これが半座りです~

深い(?)半座りができた時は、ご褒美のフードをあげました。これを何回か繰り返していたところ、パオパオのおでこの上から頭にフードが通り抜けていく瞬間パオパオが顔を上げたので、すかさず「お座り~~!」と言ったらそれを仰ぎ見ながらちゃんと座りました!

「お座りした!!」 嬉々としてもう一回やってみました。

また座った!ご褒美のフードおあげて、もう一回やってみました。

「お座り~!」確かに座った!

家の人を呼んで来て、やって見せたらまたちゃんと座った!座りながら目がフードに集中していて「下さい下さい」となっていた。

その後レッスンを経て、フードがあってもなくても「お座り」と言って腕を上から下に下げるとスムーズに座るようになりました。 これでやっと、お座りが出来るようになりました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

お読み下さってありがとうございました。

スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

パオパオ君のテンション低めの日
ねむねむでも、イチゴを見つめるパオパオ君。
本格公園デビュー
ぼくにもおやつクレクレー!コール☆彡
うつ伏せ寝も仰向け寝もどっちも好き
カバー付の保冷剤をどうぞ☆
食べ物が出てくるか注意して見ているパオパオ君☆
中華風獅子舞の獅子の服を着たパオパオ君
お友達の「伏せの座り込み」を眺めるペキニーズ
リラックスするパオパオ君☆彡
犬生初!くっつくように一緒にお昼寝をするパオ&ポピー☆
パオパオの「お帰りのおやつ」2段階方式☆
パオの正面がゆるキャラっぽい??白ぺキを眺めつつ狛犬の起源を思ふw
おやつをもらえなかったパオパオ君☆みんなの夕飯に期待♪
おもちゃ遊びは、ボクの安定の日課です

Menu

HOME

TOP