初めてうちに犬が来た

スポンサードリンク

2006年の桜が満開の四月の初め、うちにワンコがやって来た。 彼はペキニーズ、ふわふわで鼻ペチャで、猫みたいな犬。

初対面は羽田空港の貨物ターミナルの受け取りカウンターの前だった。

着いた時にはもう犬舎のスタッフがいて、そばにかわいい青のバスケットが置いてあった。
挨拶の後、スタッフがバスケットを開けて、中に手を入れてひょいと持ち上げたら、 中から小さな綿菓子みたいな可愛いワンコが現れた。

健康チェックが終わり、抱っこさせてもらった。 生後50日位なので両手くらいの大きさで、目は真ん丸、色は真っ白、 包むように支えないと柔らかくて壊れてしまいそうだった。

引き渡しが無事に終わり、スタッフと別れて車に乗り込むと、名前談義が始まった。 家族で事前に考えていたのは、中国原産の犬なので、テンテン、パオパオ、 父案のペッキー(そのまんま)、また愛嬌があるので獅子丸、シーサー等、 犬のキラキラネームからはほど遠かった。

移動中バスケットが揺れないように膝の上置いていたら、小さく鳴き出した。 何となく出たい出たいと言ってるように聞こえたので、 バスケットから出してシートに置いてあげたら、もぞもぞ動き出した。

好奇心が旺盛で動きが愛くるしいので「可愛いね、このワンコ。うちの宝だね。」と話しながら ワンコを眺めているうちに、母がぽろっと 「この子は、パオパオって感じだね。」と言った。 それで、パオの字を中国語の宝(本当はbao3)に当てて、 「宝宝(幼児に対する愛称、赤ちゃん、宝物等の意味)」と名付けた。

パオパオは、一時間以上もぞもぞやっては休むを繰り返し、自宅がもうすぐそこという時に 何故か眠りだした!!

えっ!もしかして、この子は天然!? これがパオパオとの初めての出会いだった。

ブログランキング・にほんブログ村へ

CMS搭載のペット検索システム

お読み下さってありがとうございました。

スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

耳の垢が酷いので病院に連れて行ったけど、道中🎶~のパオパオ君☆
パオちゃんの☆ミニごろ~ん祭りw
窓から「行っちゃうの~…」としゅんとなってこっちを見るパオパオ君
クッションの上でお昼寝ペキニーズ
【ペキニーズ】叔母さん家でのくつろぎパターン
空手キッドに撫でられて
消極的にお外行きたいアピールをするパオパオ君
遊び時間は、3種のおもちゃで
寝起きのおねだり
のんびりタイム☆
「ボクの分もくれますかー!」スタンダードクレクレタイプ
パオパオの寝顔を見てからの家路
パオパオ君の、奥ゆかしい「おやつちょうだいアピール」☆
僕のベッドの暖房状況も見て!
みんなが寝るまで、うとうとしながら起きているパオパオ君☆

Menu

HOME

TOP