お散歩待ちのパオパオ君

スポンサードリンク

午後のお散歩を楽しみにして待っているパオパオ君。

静かにお昼寝をしてお散歩待ちをします。

~昼下がりはテーブルの下で~

なんか、瞑想しているみたいに穏やかそうなお昼寝姿です。

し~~ん・・・

・・・・・・

そのうちに、むっくり起きてちょっと移動します。

伏せました。

でも、どこかつまらなさそうにちょっと目を開けています。

起きてますよ///

(つまんないな…、お散歩待っているんだけど…。)

そう思いながらでしょうか、目を閉じます。

 

時間が過ぎて行きます。

また起き上がって、ちょっと場所を移動しました。

目線は落としていますが、さっきよりもしっかりと目を開けています。

今日のお散歩に連れて行ってくれるお父さんを、待ちわびています。

退屈しながら待っているのかな?

 

(お父さんまだかな…)

 

退屈しているのにじ~っと動かないで待っているなんて、偉いねパオちゃん。

念願のお父さんがやってきました!

パオパオが慌ててお父さんに近寄ります。

 

「お父さん!お散歩お散歩~♡」

 

お父さんがしゃがみ出すと、パオパオはとぐろを巻いて膝の間に入り込むようにしてすりお座りします。

撫でてもらって安心したのか、ちょっと甘えん坊な表情で舌を見せています。

 

「ぼくお昼寝しながら待ってたんだよ~。」

 

ほっとしたみたい…(#^^#)

これで散歩に行けるね。

 

「うん。。」

 

両手でパオパオの顔をくしゃくしゃと撫でてもらいます。

 

表情がうっとりしてます(^^

 

そして、お父さんに(リードでw)連れられて今日のメインイベント、お散歩に出かけていきます。

いそいそと出掛けて行ったパオパオ君、たくさん歩いたのかな?帰ってきたら玄関でおなかを冷やします。

任務完了で、生き生きとしています。

 

「たった今、帰還しました。楽しかったよ!」

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

現役デザイナーの選ぶペットグッズのセレクトショップ!

オシャレで機能性も備えてるウェア

お読みくださってありがとうございました。

スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP