僕のボールは捕れないよ~♪

スポンサードリンク

赤のボールのおもちゃでカジカジに夢中のパオパオ君。

あまりにもかじかじに没頭していて、おやつも一緒に遊ぼうよ~もありません。

何十分も没頭しているのを見ていると、逆に心配になります。

「パオちゃん、疲れない?一回休んだら?」

全くお構いなしです。

「お~いパオちゃん」

と、頭をポンポン撫でました。

「邪魔しないで~。僕、お取込み中なんだから。」

本当に凝るタイプで、好きなおもちゃは1時間は平気で遊んでいます。

興味のないおもちゃだと、匂いを嗅いでものの数秒で興味を失ってしまうのに。。

場所を変えてまた続けます。

今日は時間がないからちょっと抱っこしたいな~と思って、「ねえ、ちょっと抱っこさせて。」と、掌でパオパオの後頭部の皮膚を軽く後ろへ引っ張りました(パオちゃん、ごめんっ)

皮膚を引っ張ったら、眼が飛び出そうでびっくり!

「引っ張られたって僕はこのボールを離さないぞ!」

目がむき出しな上にボールをしっかりくわえて離さず、しかも右手はボールを押さえようとしています。

口の中に全部入れてしまわんばかりのくわえぶりで、かなりの抵抗ぶりです。

ちょっといたずらでそのボールを奪おうとすると私の手をかもうとします。

「だめっ!これ僕の!!」

瞬殺で噛まれそうになりました。

本気ではないけれど、噛まれるとちょっと出血します。

結構痛いです。

 

下のパオパオを見て下さい。

盗られまいと両足で囲むかのように、しっかりとボールを護っています。

ちょっと舌を出して、余裕をみせています。

「僕のボールは捕れないよ~♪」

あごの下+両足の間と、三点護法(造語)結界を張っています。

 

「完璧な守りだぜ。」

 

パオちゃん、ちょっとゴールキーパーにも見えるよ(笑)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求


お読み下さってありがとうございました。

スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP