僕のベッドの暖房状況も見て!

スポンサードリンク

この日は何もないと思って写真に撮ってなかったので、決定的な瞬間が画像として残せなかったのですが、パオパオが不思議な行動をとったことがありました。

家のエアコンが真冬に故障してしまったので、修理工の方が家に来て調べて下さったことがありました。

その時のパオパオのハウスはその故障したエアコンの部屋に置いてあったので、修理工の方が来たら吠えたりまとわりついたりしたら邪魔になってしまうので、来ている間だけパオパオを別の部屋に置いておくことにしました。

修理工の方が見えました。

パオパオは、「ワン!キャン!キャ~ン!」と半ギレで一生懸命何かを言っているような感じでしたが、修理工の方だけ中に入ってもらい、無事に外に出すことに成功しました(パオちゃんごめんね~)。

それから、外に出たり中に入ったりしながらエアコンを少し解体するように作業が始まりました。

修理工の一人の方がよく外に出たり入ったりする作業でしたが、父が別の部屋から出てくる時に、一緒にパオパオがスルッとドアをすり抜けて作業中の部屋に侵入してしまいました。

「あ!パオがいる!」

と慌てて部屋から追い出そうとするのですが、逃げる逃げる・・・

結局その部屋に落ち着いてしまったので、そのままにしてしておきました。

作業が進んできました。

修理工の方は私達を呼んで、脚立の上から「ここから熱風が出て来る仕組みだけれど、故障しているから出て来ていない」と言われました。

パオパオも近くにいましたが、ケージの中に入って何かごそごそやっていました。

そして、修理工の方が「ここが、、」と故障の箇所を指して説明し家の人も身を乗り出して覗いていたその時、パオパオが不思議な行動をとりました。

なんと、自分のベッドの上にかかっている毛布をくわえて、ケージの外に出て来たのです!

!?何で!?毛布を引っ張りだしたんだろう??

不思議に思ってはがされた後のベッドを見ると、冷えた発熱カイロむき出しになっていました。

実は、パオパオのベッドには、夜中は特に寒いのでベッドの上に人間用の発熱カイロを置いて、その上に毛布をかぶせ、その上にパオパオが寝ていたのです。

まさか、修理工の方の「ここから熱風が出て来る仕組みだけれど、故障しているから出て来ていない」の説明を、パオパオも家族と説明に参加している気持で(普段から自分を犬と思っていないところがあるので)、言葉が分からなくてもあそこから暖かい風か出てくるということを何となくでも理解してこんな行動をとったのかな??

本当に、思いっきり、

「僕の温かいのも出て来ないんだけど、僕のベッドの(カイロの)暖房状況も見て!」

と言っているような行動でした。

それ以外の理由は思いつきません。

単なる偶然重なっただけ??

この行動、どうしてやったのか全く分かりません。

これ一回きりで、その後は二度とやらなかったです。

パオパオに聞いてみたかったけど、彼はしゃべれないから…(≧人≦)

周りも不思議がり、修理工の方も「取り替えてほしいの?」と言われていました。

そのあとは、足で背中をカキカキ肉球を舐めたりやっていました…。

 

小さな出来事でしたが、ワンコというものは人間の行動をよく見ている、と獣医さんの話や本に書いてあるけれど、その通りだと思いました。

動物の不思議な行動を動画にとってネットに投稿するってありますが、

これ、撮っておきたかったな~!!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

お読み下さってありがとうございました。

スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP