お散歩散歩

スポンサードリンク

公園内には、ベンチがいくつかあって、これらはパオパオにとっておやつ(給水)ポイントです。

ベンチを見つけると、歩みがだんだんお散歩コースから道の端に反れていきます。

そしてベンチの前に来ると、止まったりしゃがんだりして「おやつポイントです。欲しいです!」とこちらの目をじーっと見つめます。

私やお父さん等、今日はどちらがおやつを持っているかもちゃんと分っています。

緊張した様子で「わかる?わかる?」と目で訴えます。

 

 

おやつのお願いは、切実です。

 

「何か、手に美味しそうなものを持っていますか?」

 

あるよ。

でも、こういう時は逆に躾のチャンスで、お手してもらってwinwinの関係(≧🔽≦)
またトテトテトテと歩いて公園管理事務所のテラスへ行きます。

テラスから向こうを眺めるパオパオを、こちらも建物の中から眺めます。

 

飼い主がくつろいでいるのは興味がないみたいで、何か、風景全体の動きか何かに関心があるみたいです。

じーっとしているけどなんか、楽しそう。

ちょっと近寄ってみたら、こんな表情をしています。

自分の目線と同じくらいのものを、静かに見入っています。

 

人間もパオパオも一息ついたらまた、園内へ入ります。

芝生に入るとパオパオは本領発揮で速足になります。

どんどん進んで進んで進んで……で、

突然歩みを止めます。

 

「・・・」

「何か、面白いものあった?」

時々、突如として歩みを止める時があります。

 

また、歩き出します。

ふとパオパオを見てみると、楽しさいっぱいが思いっきり表れています。

こういう時の歩き方は、フワフワっとした軽い歩き方です。

 

「♪~♪♪」

 

公園を満喫して入口を出るとき、近所のトイプードル2ワンちゃんと叔母さん家のポピーちゃんにばったり会いました。

 

ワンコたちも、あ~みなさんこんにちは~、といった感じで近寄ってきました。

 

「僕、先にお散歩行ってきたよ。」

 

「みんな、これからお散歩?」

「そうだよ。」

「パオちゃんは、もう帰るの?」

「うん。今日は足場も空気もいいよ。じゃあ、お散歩、楽しんできてね~。」

バイバ~イ。。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ<a href=

イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
お読みくださってありがとうございました。

スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP