肉球メンテナンス、やり過ぎてないよ~✨💦

スポンサードリンク

 

お散歩の後、パオパオがアイコンタクトをして叔母の家に行きたいアピールをしたので、ちょっとお邪魔しました。

叔母の白ペキワンコポピーは、お散歩もごはんも終えて、自分のお部屋で行ってしまったので、いつもの如く一匹でくつろぎます。

 

何をするわけでもありませんが、ここでくつろぐのがパオパオの習慣です。

 

何をやってるのかな~?

と、見てみると…、

パオパオは動きを止めて、少し固まっていました。

 

「・・・・。」

 

??

どこかばつが悪そうにしています。

ん…?

 

あっ(・∀・)!

 

向かって右の前足の肉球を見てください。

ちょっと立ててあるのがわかるでしょうか。

 

「えっ💦バレたかな💦」チラッ

 

パオパオは、肉球をメンテナンスしていました。

でも、それを途中で止めてじっと固まっているようなときは、人間を意識しているときです。

何故か……

それは……

肉球メンテナンスのやり過ぎがバレた💦と思っているからです。

肉球をハムハム…ハムハム…ハムハム…あまりにも長く熱心にやっていると、お父さんから、「こら~💢そんなにやったら血が出るじゃないか😠」と怒られて、手で肉球を塞がれるときがあリます。

今日もそうだった(* ̄∇ ̄*)?

 

シーン……(間)

 

そのうちに、パオパオはモゾモゾ動いて丸くなると、前足を首の下に格納してしまいました。

 

「へへへ。。何でもないよ~✨💦」

 

恥ずかしそうにちょろっと舌を出して、ハムハムメンテナンスを止めてしまいました。

 

お読み下さってありがとうございました☆☆

 


スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP