見送ってくれるペキニーズ☆パオパオ

スポンサードリンク

 

私が出ていこうとすると、パオパオが側までやって来ました。

 

「ボクもお散歩行こうかな…☆」

 

お散歩待ってるんだ…。

でも、まだ時間じゃないからなぁ。

パオパオも、どうする?といった感じで、回りを見ます。

横を向いて…、

 

「今日は1階にいる人が連れて行ってくれるのかな?」

 

上を向いて…、

 

「それとも、2階にいる人かな?」

 

そして、前を向いて…、

 

「今、一緒に連れて行ってくれる✨?」

 

と、期待感たっぷりに私を見ます。

 

ごめん💦

別の用事なんだよ。

 

「なんだ、ダメか…。」しゅん⤵

 

はぁ~💨(ちょっと遠い目)

 

何か考えているような顔をします。

 

そらからまた、居間の方を見て…、

 

「1階が頼みの綱かなぁ…」

 

1階に居る人に密かな期待を懸けているのかな?

言葉が分からなくても、撫でて事情を話します。

そして、出ていこうとすると…、

パオパオが私を見ました。

 

「ボクも後から行けるから、行ってらっしゃ~い☆」

 

後から自分もお散歩に行ける!と悟ったのか(?)、とにかく、明るく見送ってくれました。

 

お読み下さってありがとうございました☆☆

 


スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP