お水を飲む順番を譲るペキニーズ☆パオパオ君

スポンサードリンク

 

パオパオが親戚の叔母の家にお邪魔します。

叔母の家の白ペキ、ポピーが出迎えてくれて、2匹廊下を駆けていきます。

 

パオパオ「お邪魔しまーす!」

 

叔母に撫でてもらって✨✨

 

そのあとは、アイコンタクトをするパオパオです。

 

「のど渇いた…。」

 

おやつは活発に欲しがりますが、それ以外でアイコンタクトをするときは、お水が飲みたいときです。

 

浄水器を見せて…、

 

「お水かな?」
「それ✨」

 

じゃ、お水いれるね♪

パオパオ「やったー✨」

 

注ごうとすると、横からポピーの影が!

 

 

ポピー「先にもらうよ!」
パオパオ「えっ💦💦」

 

ここはポピーの家なので、ポピーが先住犬みたいのものです。ポピー自身も自分に優先権があると思っているようです。

ポピーがコクコクお水を飲みます。

横でパオパオが複雑そうにしています。

 

パオパオ「あ~先に飲まれちゃった。。」

 

ポピーはそんなことはお構いなしに、おいしそうにお水を飲んでいます。

 

ポピー「先手必勝☆水分補給~♪」

 

ちょっと離れたところに移動したパオパオは、残念そうに立ち尽くしています。

人の方を見て…

 

パオパオ「飲まれてるんだけど…💧」

 

のんびりしているのが祟ったパオパオ。

 

でも、仮にパオパオが先に飲み出しても、ポピーが「ボクが先だよ!」と、ケンカになるのは目に見えています。

我慢のお兄ちゃん(3ヶ月だけ💧)…

 

と、思ったら…、

パオパオはどこかニヒルな表情で、もうすぐお水を飲み終えるポピーを見ています。

 

パオパオ「そんなに先に飲みたいのなら、飲ませてあげようホトトギス君✨キリッ」
ポピー「おいしかった✨」

 

本当にナナメに構えてるww(顔を傾けるのはパオパオの癖でもありますが)

パオパオ本人に聞いてみたいくらい、ニヒルな表情でした(^_^;)

 

ポピー「次、飲んでいいよ。」
パオパオ「よし♪ボクの番だ♪」

 

ポピーが自分の部屋に戻っていくと、パオパオが待望のお水を飲み出します。

コクコク…

コクコク…

ペロンペロン…

人間でいうがぶ飲みみたいに飲んでいます。

 

パオパオ「おいしい~♪♪」

 

パオパオ、久々に少し長めの舌を出しています。

パオパオさん、ファイトでーす🌠

 

気持ちはイッキ飲み☆

 

たっぷり飲んだあとは、いつものソファーへ…

上って伏せて…、

 

「ふぅ~💨✨」

 

潤って満足そうです。

 

しばらく浸ったあとは、ソファーにペタンと顔を着けます。

 

パオパオ「楽し~い✨✨」

 

パオパオがのんびりした性格だから、お水を飲むときもポピーと順番でケンカすることがないのですが、これは本当に感心します。

こういうことに執着心がないなんて、犬の仏陀じゃないかしら生物学的にどうなんだろう?(≡^∇^≡)

人間でも、日常のちょっとしたことで兄弟喧嘩する家って少なくないと思いますから^^

 

お読み下さってありがとうございました☆☆

 


スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP