おやつ0個伝説☆

スポンサードリンク

パオパオが舌をちょろっと出しながら、椅子につかまり立ちをしています。

テーブルを見上げて、

 

「それ、ぼくにもちょうだ~い♪」

 

つかまり立ちのときは、食べ物の匂いだけでなく、目視して欲しがります。

 

でも、おやつの間隔が近すぎてしまうので、「もう少し後でね。」と言われます。

 

「もう少し後でね。」
(うぎゃーー!)

 

「何で出て来ないんですかキリッ?」⬅逆ギレ

 

真顔で前足を一歩踏み込んでいますw

 

そんな様子を後ろからポピーが、

 

「いいぞパオパオ!その調子だw」

 

と、面白そうに見ています。

 

しかし、おやつは出てきません。

 

ワンコは、食べ物があるとあるだけ食べてしまうので、ちょっとお休みです。

食べ過ぎだよ~

君、体重5てんいくつだっけw

 

(心の中でクレクレコール)

 

期待して待っています。

 

そこへ、ポピーもソファーを下りてやって来ます。

 

ポピー「パオパオ、ボクも加勢するよ!」
パオパオ「じゃ、ボクは回り込むよ!」

 

テーブルの下に回り込んで、見上げます。

 

(心の中でクレクレコール!)

 

首が垂直に伸びていますΣ(;゜∇゜)

 

しかし…、

控えめなアピールが祟ったのか、

残念ながら、おやつは出てきませんでした!
⬅おやつ0個伝説

 

お読み下さってありがとうございました☆☆

 


 

スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP