「ボクの分もくれますかー!」スタンダードクレクレタイプ

スポンサードリンク

ソファーの上にパオパオがでんと座っています。

まったりくつろいでいます。

これはパオパオの日中起きているときの定番のスタイルなんですが…、

只ぼーっとしているように見えて、お家の人が部屋に入ってくるかとか、外に出掛けていくかとか、冷蔵庫を開けて食べ物を取り出すか^^をwatchしているんです。

まあ、お座敷君といえどもワンコですから、番犬の働きはないけれどちゃんと見ています^^

 

『妖犬ウォッチ』

 

パタンッ……パタンッ…

パタンッ……

 

階段を下りてくる音がします。

お父さんの足音です。

 

お父さんが部屋に入ってくると、パオパオはソファーをピョンと下りて、テーブルへ急ぎます。

そして、お父さんがティータイムしようと着席した椅子につかまり立ちをして、おやつをねだります。

 

「ボクの分もくれますかーー☆!」

 

この様な「笑顔」のおねだりは、パオパオのスタンダードクレクレタイプです。

匂いが関係するのか、テーブルにのっている食べ物がシンプルなときはこういう感じの表情です。

でも、これが好きな匂いだったりご飯だったりしたら…、

ガーン(゜□゜;)となっているジバニャンみたいに必死の表情(スペシャルタイプ)でねだるんですよ!

 

お読み下さってありがとうございました☆☆

 

スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP