椅子の下で居座るパオパオ君☆

スポンサードリンク

パオパオを迎えに来た母が着席したので一緒に座ろうとした叔母さんでしたが、椅子を引こうとしたとき脚の間にパオパオが伏せていることに気が付きました。

しかも、椅子の脚2本とテーブルの脚とのトライアングルの中に上半身が納まっています。

 

 

「パオちゃん、ちょっとどいてくれるかな?」

 

「やーだ。」

 

何故か分かりませんが、パオパオにとってテーブルの下の椅子の、そのまた下の「柱」3本のトライアングルは、いわばパオパオだけが知っていて落ち着ける安全な「結界」です。

全然退く気配がなく、いつもと違って斜めに伏せています。

どことなく、足を踏ん張っているようにも…笑

 

帰るよと言われているのに、ほんとに起きる気配がありません。

今日は居倒すようです^^

 

それにしても、叔母さんが着席できません。

それなので、パオパオを尊重して母の隣に座ります。

 

しばらくして…、

パオパオが帰らないので母は引き上げて行きました。

 

そうしたら…、

帰らなくてよくなったパオパオがゴロンと体を倒して転がりました。

 

ゴロッ!

 

「結界」から顔を出しました。

安全確認をして顔出したみたいで、少し可笑しいです。

 

じゃあ、もうちょっとだけ居よっか?

 

お読み下さってありがとうございました☆☆

 

スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP