パオパオ君の、奥ゆかしい「おやつちょうだいアピール」☆

スポンサードリンク

玄関に伏せてこちらを見ているパオパオ君、何か言いたげです。

パオちゃん、何?

 

「あのさ~…。」

 

ん?

 

「いや…。」

 

何か言いたいのかな?

教えてくれる?

 

ちょっと考えてから、真面目な表情で奥の方をちらっと見ます。

 

(ちらっ)

 

パオちゃん、アイコンタクトだったら、こっちにやってもらわないと分らないよ…。

 

すると、こっちを見ます。

 

「だから、あのね…。」

 

うん?

(・・?

コッチ見ルダケダト、ヨク分カラナイ

(>・人・<)

いま一つ何かやって~…(*^□^*)

 

すると、立ち上がってドアの外をじい~と眺め出しました。

 

外・を・眺・め・る……、、

はい、それで…、?

 

 

からの…、、??
(もしや、あのあのパターンでは!)

靴箱に掴まり立ち!!

 

(はい、分かった!!)

 

「おやつちょうだい~~♡」

 

キタ-ー☆彡\\\\\(゜∇゜)//////☆彡

 

奥ゆかしい「おやつちょうだいアピール」をするパオパオです☆

 

人間がご飯を食べている時に来ておねだりするときの「クレクレコール」はダイナミックだけど、それ以外の「おやつ」「お散歩いこー」のおねだりは、なぜかほとんどがこのパターンです。

 

なんでですかね~(*^∇^*)…。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

バウリンガルボイス ピンク


お読み下さってありがとうございました。

スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP