「お外見」大好き!ペキニーズ パオパオ君

スポンサードリンク

最近のパオパオの日課、「お外見」の時間になりました。

窓際に押しかけて、外の様子を興味深そうに眺めています。

何の変哲もない、ごく普通の、人や車がぽつり、ぽつり、通り過ぎていくだけの風景を熱心に見入っているのです。

 

 

 

でも、同じ部屋にいるポピーちゃんは、外を眺める時はパオパオのような「喧騒を眺める」タイプではなく、近所のワンコが家の前を通るのを監視する「対ワンコ監視型」の眺め方をするワンコです。

同じホワイトペキニーズなのに、外を眺めるにも目的が全然違うのです。

今日はワンコが通らないので、ケージの中から周りを見ています。

 

 

 

パオパオは…といえば、同じ姿勢で集中して眺めるので、首が疲れるのかな(*^‐^*)

あごを突き出すようにクイっと上げます。

 

「首が疲れるぅ~。」

 

そんなパオパオを見て「何か面白そうなことしているのかな?」と興味を持ったのか、ポピーちゃんがケージから出て来て伏せました。

 

「何やってるの?面白そうなんだけど…」

 

ポピーちゃんが側で伏せたことに気が付いたパオパオは、何となく場所を譲るように後退します。

 

「もうちょっと見ていたいけど、ボクいっぱい見たからどうぞ…」

 

後退したパオパオですが、ちょっと待ってみたけれども、ポピーちゃんは窓辺に来ません。

じっとそこに伏せたままで動きません。

 

そのうち、ポピーちゃんがふと動き出し、自分のクッションの上に乗っかりました。

すると、パオパオは再び窓辺に戻ります。

「来なかったら、ぼく続き見ちゃうけどいい…?」のシチュエーションです。

 

 

君たち、やることが被らないね^^

ポピーちゃんは、ちょっとテンション低めの甘えん坊さんキャラで丸くなっています。

パオパオは、相変わらずの2セット目です。

ワンコが姿勢を正して見ている時は、何かを要求していたり期待していたりなど、テンションが上がっている時なので、これはしっかりテンションを上げて楽しんでいる姿です。

 

「♪♪~」

 

地元の猫好きの人が、自分の飼っている猫が外を眺める姿を見て、「あれ、結構楽しいらしいよ。」と言っていたの思い出しました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ




お読み下さってありがとうございました。

スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP