お留守番ペキニーズパオパオ君

スポンサードリンク

最近叔母さんの家に遊びに行くのが習慣化したパオパオ君、自分の家にいる時と変わらずにのんびり過ごします。

おじゃましてちょっと慣れてきたころ、叔母さんに急な用事が出来て、ちょっと外に出ることになりました。

そこで、くつろいでいるパオパオに、叔母さんがちょっと行って来るね、と話しかけます。

パオパオは、伏せながら顔を上げて叔母さんを見ます。

 

叔母さん「ちょっと出かけてくるから待っててね。」
パオパオ「うん…。」

 

叔母さんがドアを閉めて出て行った後、パオパオはしばらく玄関を見つめます。

 

「行っちゃった…。」

 

静まり返った家の中で、そのうち眠くなって伏せて目をつぶります。

 

 

何となく、力が抜けているけどすーっと眠るところまではいかないみたいです。

 

「(うとうとしながら)何~?」

 

別のお部屋では、ポピーちゃんもパオパオと同じ状態で自分専用の座席の上で横になっています。

 

「(うとうとしながら)何か用~?」

 

お昼寝するにも寝付けなくて、ちょっと上体を起こしながらボーっとしているパオパオ。

 

「眠いけど寝れない~…。」

 

そこで、むくっと起き上がり、きびすを返してのそのそと居間へ移動します。

入ったところで格好の座椅子を見つけ、その上に乗っかります。

お昼寝第二ラウンドです。

 

 

うまく寝入ったかな、と思ったのですが、しばらく寝ていたかと思ったら、またむくっと起き上がり、部屋を出て行きました。

廊下を伝ってポピーちゃんのいる部屋の側までやって来ます。

そこから、外の門を眺めます。

叔母さんが帰って来るのを待っています。

 

「早く帰って来ないかな~?」

 

部屋の中では、ポピーちゃんがカーペットの上に伏せています。

 

「また撮ってるの?」

 

二頭でお留守番だったら一緒にじゃれたりして遊んだらいいのに、本当に自分の領域がお互いに確立していて接触しません。

マイペースなワンコ達です^^;

叔母さんが一向に帰ってこないので、諦めたパオパオは、また居間へ戻って行きます。

今度は、テーブルの下のクッションに上ります。

そして、気持ちを落ち着けて、そこで寝待をします。

 

「まだかな…。」

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

外出先からスマホでごはん!みまもる話せる猫犬ペット給餌器カリカリマシーンSP

首都・阪神高速ETCコーポレートカード

お読み下さってありがとうございました。

スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP