【進化形】おやつちょうだいの遠吠え

スポンサードリンク

親戚の叔母さんのお家に遊びに来たパオパオ君、ひと遊びした後は玄関で一人静にお昼寝します。

小さな崖っぷちに伏せています。

 

 

 

ギリギリの線のところにあごを置いて寝ています。

 

ソファの上でも同じように落っこちそうなくらい前に出てギリギリのところにあごを置いて伏せているので、ここもパオパオにとってベストポジションのようです。

 

↓上から見るとこんな感じ
↓停止線をちょっと超えて止まったといった感じです^^

全体は、壁に無言で張り付いているヤモリさんにも見えます。

じゃあ、そこで寝ててね~

 

スヤスヤスヤ……💤

 

寝てる寝てる、、と思ったら、、、

 

ムクッ! 

 

ナニ?(;’∀’)

顔を上げました!

もぞもぞやって、わずかに移動します。

 

そして、こんなんなりました~


正座して手をハの字に置いて、お辞儀する人みたいになっています(≧▼≦)

 

両足を揃えていて何かかしこまっているみたいです。

 

そのままの姿勢で何かを言いたげにこちらを見ています。

 

そのうちに、すくっと立ち上がって数歩前に出ました。

停止線のギリギリ内側に立ったパオパオはちょっと間をおいてから、

いきなり吠え出しました

 

 

ワオーン!!

ワンッ!ワンッ!!

 

外に向かって吠え出しました。

パオパオの吠え方で、

ワオーンは「誰か来たぞ~~!
ワンッ!ワンッ!は「はやく!

です。

誰が来たんだろう?

「早く」ってこっちに何か伝えたいのかな?

 

また、吠えてる…

??~

 

と考えているうちに、パオパオは吠え終わると、こちらを振り返ってちらっと見ました。

 

 

??

なになに?

何か言いたげです。

 

そして、急に吠える方向をずらして、棚の上に向かって吠え出しました。

 

 

棚?

棚の上?

あ!!…棚の上に置いてあるおやつねっ!!

パオパオには今までアイコンタクトを教えていたので、それでコミュニケーションをとっていましたが、これは教えていません。

パオパオが、自ら考えてやったのです。

何をやったかっていうと……、、

注意喚起の遠吠えからの要求(本題)です!!!

パオちゃん、どこでそんな知恵を付けたの~( ̄▽ ̄)?

そこで、犬の本を見ると、

どうも、、

犬って、吠えて飼い主さんの注意を向けさせてから、これやってほしいです!とアピールするそうです。

例えば、お散歩に行きたかったら、わざと玄関で「誰かが来た!」と外へ向かってワンワン吠えて、不審に思った飼い主さんが玄関に行くと、「お散歩行こう~!」といつものアピールを始める等です。

今のとそっくり!!お願いの内容が「散歩」か「おやつ」かの違いじゃない~(*’▽’)

それなので、ウソ鳴きで人をだますのとは違うのでほっとしたけど、誰からも教わっていないのにワンコって賢い!と驚きました。

ワンコはしゃべれないから「アイコンタクト」で飼い主さんとコミュニケーションを取ったりするけど、他にも、

シチュエーションを作って吠えて要求する「〇〇コンタクト」ができるんだ!!

すごいな~

そこで、パオパオに、

「もしかして、おやつが欲しくてやった?」

と聞いたら、通じたのか、

 

「えへへへ…(*ノωノ)」

 

と、恥ずかしそうに眼をそらすような仕草をしました。

ちょっとカワ(・∀・)イイ!!

そのうちに諦めてしまったのか、ぺたんと伏せてしまいました。

顔を見ると、難しそうな表情をしています。

「・・・・・・・。」

パオちゃんが言いたいことはちゃんと分かったよ。

上手に教えてくれたから^^

 

 

(このあと、パオパオはおやつをもらって嬉しそうな様子でした。)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ



お読み下さってありがとうございました。

スポンサードリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP